AWS re:Invent2017 1日目 参加レポート

エンジニアの佐伯です。
11/27(月)からラスベガスで開催されているAWS re:inventに参加しています。

日本からラスベガスへ

11/26日17:00ごろ成田空港を出発し、約10時間かけてサンディエゴへ。
そこからサウスウェスト航空に乗り換え、1時間後にラスベガスに到着しました。
自分は海外に行った経験が台湾旅行くらいしか無く、10時間のフライトがとても長く感じました。

経由したサンディエゴ空港、ものすごい混んでました

セッション

re:inventの目玉はもちろんKey Noteの新サービス発表ですが、それ以外でも様々なセッションが用意されていたり、AWSを用いたサービス/ソリューションを行う企業様がブースを構えていたりと、Key Note以外でも見所が多いです。

re:inventは”教育的なイベント”と呼ばれています。
参加者のレベルに合わせた1時間程度のセッションが多数用意されており、入門レベルの人から上はエキスパートの人まで楽しめるようになってます。

イベント1日目、自分は300レベル(中級者向け)のセッションに参加しました。

セッションのタイトルは「Alexa, Where’s My Car? A Test Drive of the AWS Connected Car Reference」。
車両や運転にまつわる多様なデータをAWS IoTで集めてビックデータ化する、というざっくり言えばそんな内容でした。
普段自分たちが触れるAPI Gateway、Lambda、DynamoDBなどのサービスがこういった用途で使われていると考えると、とてもワクワクします。

スライドは後日発表されるかと思うので、発表され次第こちらにもリンクを貼ります。

JapanExploring Night

夜はJapan Exploring Nightに参加しました。

会社として普段お世話になってる企業様や、業務の関わりは無くてもAWSを使ったサービスを展開している企業様など、様々な方とお話させていただきました。
AWSを中心に人の輪ができ、そこでお互い好きなサービスについて語り合う、とても有意義な時間でした。
二時間があっという間でした。

おすすめ記事