人事がシリコンバレーに海外出張してきた

こんにちは!この歳にして初めて海外出張を果たした人事担当の小柴です。

先月5月、アメリカはシリコンバレーに行ってまいりました。
なぜ人事が?と疑問に思われるかもしれませんが、「HR Innovation Program – Silicon Valleyに学ぶ企業人事戦略の在り方」という視察ツアーに参加してきたのです。

人事がシリコンバレーに海外出張してきた

 

シリコンバレーにある会社を順に巡り、その会社で働く人から組織や人事的な取り組みにいついてお話をきかせていただけるというものでした。

主催はPasona NA です。
Googleなどの会社を見学できるツアーはありますが、働く人の話まで聞ける機会はなかなかないので、とても楽しみにして参加しました。

出発前にGoalousで目標設定

日本を発つ前に、自社のコミュニケーション型目標達成ツール「Goalous(ゴーラス)」で目標を立てました。
せっかく行かせてもらうのに、ただ参加してきました、で終わらせたくなかったからです。
目標を立てて概要をシェアすると、さっそくコメントが。
コミュニケーション型目標達成ツールGoalous

建築が気になるので写真を撮ってきてほしいとか、各社のパンフレットを持って帰ってきてほしいとリクエストをもらいました。
組織づくりだ、採用だと人事脳になっているところに、違う観点でコメントをもらえるのはありがたかったです。
目標を立てたおかげで、「みんなにシェアできる情報をたくさん集めるぞ!写真撮りまくるぞ!」と使命感に燃えながら旅立つことができました。

各社の取り組み

3日間をかけて、このような会社を訪れてきました。

会社
DocuSign、LinkedIn、WeWork、Slackなど、錚々たる会社が勢ぞろいです。
会社によってオフィスの雰囲気も異なり、その会社らしいカラーを感じることができました。目でも違いを楽しみつつ、行く先々で写真をパシャパシャ。

人事がシリコンバレーに海外出張してきた

人事がシリコンバレーに海外出張してきた

どの会社の取り組みも興味深かったのですが、とても書ききれないので、全体を通しての感想をまとめました。

  • ミッションやビジョンを大事にしている
    社員は企業が提供する価値やミッションに共感しているので、自分たちの会社で働くことに意義を感じていると、どの会社でも言っていました。
  • 当たり前にグローバル
    ニューヨークが本社だから朝6時から会議することもあるけどそういう時は早く帰って調整するんだ、とか、本社のある西海岸本位にならないように評価や制度には気を付けているんです、とか、世界中に仲間がいるということが会話が端々に表れていました。
  • コーチング強化はシリコンバレーのトレンド
    DocuSignでは、建設的なフィードバックができるようにマネージャーやリーダーに研修をしていて、今まで行っていた12週間のトレーニングに加え、「Work your Life」という新しいトレーニングが開始されるとか、マネージャー同士の360度評価を導入しているというお話を聞きました。
  • シリコンバレー全体で人が流動している
    会社を卒業した後も交流をもって情報を共有し合ったり、投資の場をつくったりと、会社という枠を超えて活発に動きがあるようでした。たとえばGoogleでは、Xooglerという元Google社員のコミュニティがありましたし、SAPは、SAP.ioというSAP社外の優れたスタートアップを支援する活動をしていました。このようにシリコンバレー全体で人が育つシステムが作られているような印象を受けました。

英語⇔日本語の切り替えがもどかしい

企業訪問のプレゼンテーションは、当然すべて英語です。
同時通訳の方がいらっしゃったので、イヤホンを付けて日本語を聞くことも可能でした。
私の場合、片方の耳で英語を聞き、片方の耳で日本語を聞くという手段をとりました。
ネイティブ並みに聞いて話せる人は、プレゼンの途中でも気軽に質問してインタラクティブな会話ができます。しかし私は頭の中の英語⇔日本語にタイムラグがあってワンテンポ遅れてしまうので、思うように発言できないこともありました。言葉の差は結構でっかい、ということを改めて痛感しました。

参加者同士の交流も

参加者は合計25人程度で、ほとんどが日本人でした。
行く先がシリコンバレーなので、IT系の会社が多いと思いきや、意外とそうでもなくメーカーもあれば不動産もあるなど様々でした。
アメリカで働いている人の方が多かったですが、私のように日本からの参加者もいました。
訪問先企業のプレゼンが勉強になるのはもちろんですが、参加者同士の交流も、普段聞けない話が聞けたり自分の考えを深めることができたりと、おもしろかったです。
人事がシリコンバレーに海外出張してきた

帰国後はカジュアルセミナーで発表

ISAOには、ランチタイムに自分の好きなテーマで発表をする、「カジュアルセミナー」というものがあります。
私も帰国後、社内のみんなに向けてカジュアルセミナーを開催しました。
カジュアルセミナー
3日間のできごと、しかもひとつひとつが濃厚な内容だったので、1時間にまとめるのは苦労しました。全部は話しきれないので、生々しくリアルな話がおもしろいDocuSignをメインにし、その他はサクッと紹介する程度に収めました。

スタートアップとの繋がりをつくる

視察に参加するにあたり、個人的に2つの目標がありました。
1つは、プレゼンテーターと話して写真を撮らせてもらい、Goalousにそれをアップすること。
こちらは無事クリアすることができました。Goalousの説明をすると、みなさん「面白そうだね!」とノリノリで写真を撮ってくれました。
人事がシリコンバレーに海外出張してきた
2つ目は、私以外のISAOのメンバーと現地訪問先の企業との繋がりをつくることです。
2つ目もクリアできました。
Clealy、gnowbe、というサービスを作っているスタートアップ企業2社と、日本に帰ってからミーティングをすることができました。

人事がシリコンバレーに海外出張してきた
ClealyとはSkypeミーティングをセッティングし、お互いのサービスを中心に情報を交換しました。

人事がシリコンバレーに海外出張してきた
gnobeは、CEOのSo-Youngさんが日本にいらっしゃる機会があったので、その際ISAOにも足を運んでもらいました。

更に現在、beaconforceという会社に対しても同様にミーティングできないかアプローチ中です。

 

今回の視察で、様々な企業の話を聞いたり、新たな繋がりを持つことができて、貴重な経験をさせてもらいました。
安いとは言えない費用でしたが、「行ってきなよ!」と快く送り出してくれたISAOに感謝です。

大事だとと思うことには惜しまず投資してくれる、そんな環境に興味のある人はこちらからご応募ください!

おすすめ記事